柴又にある福士整骨院なら施術実績5万件を超える熟練の整体師がお悩みを解決します。

福士整骨院


脚の付け根が痛む方へ

脚の付け根の痛みでお悩みの方

グロインペイン症候群について

現在こんな痛みはないですか?
momo.png

  • 鼠径部(そけいぶ)や太ももの内側の痛み
  • お腹の下側の痛み
  • お尻の下側の痛み
  • 走ったり、キックしたり歩いたりと運動するとそれらの場所が痛み出す。

これは【グロインペイン症候群(しょうこうぐん)】または【鼠径部痛症候群(そけいぶつうしょうこうぐん)】と言いわれている症状の一つです。一般的にはよくサッカー選手に多いと言われています。

一度発症すると治りにくく、できるだけ予防することが大事と言われていますが、多くの方は症状が出てから初めて考えたり予防しようと考えます。

グロインペイン症候群で悩んでいる方が、早期でプレーに復帰したり、普段通りの生活に戻って頂く為にも、まずは原因の特定が必要不可欠です。

グロインペイン症候群を引き起こす原因とは?

グロインペイン症候群は、「股関節の硬さ」「股関節周りの筋力低下」「筋肉緊張」など主な原因とされています。

股関節に負担をかけすぎたり、周囲の筋肉疲労が悪くなればなるほど、発症しやすい状態になります。

当院では、下記の点に注意して痛みの原因を探り、施術と予防に努めます。
  • どの筋肉が緊張して、弱くなってしまっているのか?
  • 股関節が、どの方向に硬くなっているのか?痛みが出ているのか?
  • 普段の運動で、どのようなプレーが多いのか?
  • 普段の運動で、どのような癖があって負担がかかりやすいのか?

また、足首の捻挫や腰痛など、身体に問題を抱えたままスポーツをおこなっても無理が生じます。

このようなケースも、グロインペイン症候群を引き起こす原因になる場合があるようです。

グロインペイン症候群は、基本的には安静にしていれば痛みが引くことが多い症状です。

その為、症状を深刻に捉えず、放置したまま運動を続けてしまう方も少なくありません。

しかし、症状自体はまったく改善していない為、動くと再び痛み引き起こってしまいます。このような事を繰り返していくうちに、痛みが慢性化してしまうケースが良く見られます。

当院の施術について

当院で「グロインペイン症候群」に悩まされて来院される方は、痛みが出現してから日が経過した場合がほとんどです。

「医療機関を受診後、安静指示を受けて安静にしていたが一向に痛みが取れない」「運動する度に痛みが出る」など、仕事や部活に支障をきたしている方が多い傾向にあります。

そんな方に、『なんとたった1回で良くなります!』と断言したいのですが、症状の進行具合によって数回の施術が必要な方もいらっしゃいます。

こればかりは個人差がありますので、正確には申し上げられませんが、今の時点ではグロインペイン症候群で長く患った方は当院ではおりません。

街の小さな治療院ですから、この症状で来院される方の数はたかが知れてるかとは思います。

重症度も高くない方が多いかもしれません。

このようなことが起こったら嬉しくなりませんか?

foot_img02.png

  • 歩くのもままならなかった方が歩けるようになった
  • 運動できるようになった。
  • 痛みが軽減した。なくなった。

長く患って苦しい思いをするなら、一度勇気をもってお問い合わせいただけたらと思います。

また、サッカーや運動をしていて鼠径部やふとももの内側が痛いからといってグロインペイン症候群とは自己判断せず、整形外科を受診してから当院の来院をすすめております。

これはグロインペイン症候群とは違う病気などから太ももや鼠径部の痛みが出る場合もあるからです。

その為、まずは精密な検査を行える医療機関の受診をおすすめしております。

最後に

施術にあたり、痛みを伴うことがあることも先にお伝えしておきます。

痛みに弱い方はお伝えください。考慮しながら施術にあたらせて頂きます。

福士整骨院のご案内

住      所:
〒125-0052
東京都葛飾区柴又4-9-16-1階
アクセス:
京成金町線 柴又駅から徒歩2分
北総線 新柴又駅から徒歩7分
お問い合わせ・ご予約
03-5876-8731
受付時間:
【平日】
9:00~12:00
14:00~20:00(最終受付20:00)
【土・第1・3・5日曜日】
9:00~12:00
14:00~17:00まで(最終受付17:00)
定休日:
第2・4日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ